>>【最短10分で現金振込み】クレジットカードを現金化する <<

ペイディコンビニ手数料はいくら?お得にする方法も解説

ペイディコンビニ手数料

ペイディのコンビニ払いの手数料はいくら?
ゆうちょ銀行から振り込む場合の手数料は?
手数料がお得な支払い方法は?

こんな疑問にお答えします。

結論を先にチェック!
  • コンビニ払いの場合390円(税込) (*一括払いのみの場合)
  • 分割の場合は、それぞれ異なる手数料
  • 一番お得なのは、無料の「口座振替」
  • 銀行振込は金融機関によって異なる
目次

ペイディコンビニ払いの手数料

ペイディ(Paidy)のコンビニ支払いでクレジットカード払い

ペイディを利用したコンビニでの支払いには、手数料が発生することがあります。これは、支払い方法や金額によって異なります。以下に、ペイディのコンビニ払いに関する手数料の詳細をご紹介します。

ペイディの手数料体系

  • 口座振替:無料
  • 銀行振込:金融機関によって異なる
  • コンビニ払い
    • 一括払いの場合:390円(税込)
    • 3回あと払いの場合、または一括払いと3回あと払いの両方が含まれる場合:
      • 請求金額1円以上999円以下:109円(税込)
      • 1,000円以上3,999円以下:151円(税込)
      • 4,000円以上6,999円以下:264円(税込)
      • 7,000円以上:371円(税込)
    • 6回あと払いの場合、または一括払いと6回あと払いの両方が含まれる場合:
      • 請求金額1円以上499円以下:109円(税込)
      • 500円以上1,999円以下:151円(税込)
      • 2,000円以上3,499円以下:264円(税込)
      • 3,500円以上:371円(税込)
    • 12回あと払いの場合、または一括払いと12回あと払いの両方が含まれる場合:
      • 請求金額1円以上249円以下:109円(税込)
      • 250円以上999円以下:151円(税込)
      • 1,000円以上1,749円以下:264円(税込)
      • 1,750円以上:371円(税込)
    • ペイディあと払いプランApple専用が含まれる場合:
      • 請求金額24,999円以下:120円(税込)
      • 25,000円以上:390円(税込)

手数料に関する注意点

  • 手数料はお支払いごとに発生します。
  • 当月の請求にペイディショッピングクレジットの分割払いや超あと払いが含まれる場合、手数料は発生しません

ペイディのコンビニ払いにおける手数料は、支払い方法や金額によって異なります。特に一括払いの場合の手数料は390円(税込)となっています。利用者は、これらの情報を踏まえて、最適な支払い方法を選択することが重要です。

ペイディ手数料ゆうちょ

ペイディ(Paidy)の支払い方法として、ゆうちょ銀行を利用する際の手数料について解説します。ゆうちょ銀行を利用することで、手数料を抑えることが可能です。

ゆうちょ銀行でのペイディ支払い手数料

ゆうちょ銀行を利用したペイディの支払いでは、以下のような手数料がかかります。

  • ATMからの振込(他行宛て)
    • 5万円以内: 220円
    • 5万円以上: 440円
  • 窓口からの振込(他行宛て)
    • 5万円以内: 660円
    • 5万円以上: 880円
  • ゆうちょ間での振込
    • ATM: 100円
    • 窓口: 146円

これらの手数料は、3万円未満の買い物でペイディ手数料が220円となる他の銀行機関と比較して、ゆうちょ銀行は相対的に手数料が低いと言えます。

ゆうちょ銀行での支払い方法

ゆうちょ銀行でペイディの支払いを行う際の手順は以下の通りです。

  1. ATMを利用する場合:
    • 「料金振込(ペイジー)」を選択
    • 払込書挿入口がある場合は「払込書読取」を選択し、払込書を挿入
    • 払込書挿入口がない場合は「手入力」を選択し、必要情報を入力
  2. 窓口を利用する場合:
    • 窓口で払込書を提出し、指示に従って支払いを行う

ゆうちょ銀行を利用することで、ペイディの支払い手数料を抑えることができます。特に、5万円未満の支払いではATMを利用することでさらに手数料を節約できるため、ゆうちょ銀行はペイディ利用者にとって有利な選択肢と言えるでしょう。また、ゆうちょ銀行は全国各地にあるため、アクセスの利便性も高い点がメリットです。

ペイディ手数料Amazon

Amazonでのペイディ決済における手数料について、詳細をご紹介します。ペイディは、翌月まとめ払いサービスを提供する決済サービス会社Paidyが運営する支払い方法です。このサービスを利用することで、Amazonでのお買い物を翌月に一括で支払うことが可能になります。

分割手数料無料の3回・6回あと払い

Amazonでは、3回あと払い6回あと払いのオプションが提供されています。これらのオプションを利用することで、支払いを数回に分けて行うことができます。具体的には、3回あと払いでは翌月、翌々月、3ヵ月後の等額3回の支払いが、6回あと払いでは翌月から6か月後までの等額6回の支払いが可能です。銀行振込・口座振替を利用した場合、これらの分割手数料は無料です。

支払い方法と手数料

Amazonでのペイディ決済では、以下の支払い方法が利用できます:

  • コンビニ払い(支払手数料:390円
  • 口座振替(支払手数料:無料)
  • 銀行振込(支払手数料:金融機関により異なる)

特に注目すべき点は、コンビニ払いの場合、一括払いのみの請求であれば手数料が390円となることです。また、3回あと払いや6回あと払いが含まれる場合の手数料詳細は、ペイディのウェブサイトで確認することが推奨されます。

返金について

Amazonからの返金があった場合、ペイディのアカウントに返金処理が行われます。未払いやすでに請求書が発生している場合の返金は、特定の決済に対してではなく、ペイディのアカウント全体に対して行われます。

ペイディ手数料かからない方法

Paidy銀行振込

ペイディを利用する際、手数料を節約する方法はいくつか存在します。特に、口座振替や銀行振込を活用することで、手数料を無料にすることが可能です。ここでは、手数料をかけずにペイディを利用するための具体的な方法をご紹介します。

口座振替で手数料無料

ペイディの支払いにおいて、口座振替を選択すれば、手数料が無料になります。口座振替を利用することで、ペイディへの支払い時に余分なコストをかけずに済みます。

銀行振込による手数料の節約

また、銀行振込を利用することも、手数料を節約する有効な手段です。多くの銀行では、自行内の振込みは無料であることが一般的です。さらに、インターネットバンキングを利用することで、他行宛ての振込みでも手数料が無料になるケースが増えています。

おすすめの銀行口座

手数料無料のサービスを提供している銀行口座はいくつかありますが、ここでは特におすすめのものをいくつか挙げます。

  1. 三菱UFJ銀行:ネットバンキングを利用することで、他行宛ての振込み手数料が無料になるプランがあります。
  2. ゆうちょ銀行:ゆうちょ同士の振込みはもちろん、一定の条件下で他行宛ての振込みも無料になります。
  3. 楽天銀行:特定の口座プランでは、月に数回の他行宛て振込みが無料になるサービスがあります。

ペイディの支払いにおいて手数料を節約する方法は、主に口座振替や銀行振込を利用することです。これらの方法を活用することで、余計な手数料を支払うことなく、スムーズかつ経済的にペイディのサービスを利用することができます。ただし、各銀行のサービス内容や条件は変更される可能性があるため、利用前には必ず最新の情報を確認することをお勧めします。

ペイディコンビニ支払い方法

ペイディ 銀行振込 どこ

ペイディ

ペイディを利用してコンビニで支払いを行う方法は、店舗によって異なります。ここでは、セブンイレブンファミリーマートでの支払い方法について説明します。

セブンイレブンでの支払い方法

  1. ペイディアプリをダウンロードして、インストールします。
  2. アプリを開き、「お支払い」を選択します。
  3. セブンイレブンのロゴをタップします。
  4. 表示されたバーコードをレジで提示して支払います。

注意点: セブンイレブンでは、バーコード払いのみが可能です。番号を入力して支払う方法は利用できません。また、バーコードを使用しての商品購入はできないので、この点にも注意が必要です。

ファミリーマートでの支払い方法

  1. ペイディアプリ、ウェブ版のMyPaidy、またはメール・SMSで送られてくるお支払いページで、ファミリーマートのお支払い番号を確認します。
  2. 店内のマルチコピー機(旧Famiポート端末)の「代金支払い」メニューから、第1番号(収納番号の左5桁)「20020」を入力し、続いて第2番号(収納番号の右12桁)を入力します。
  3. 出力された申し込み券を持って、30分以内にレジで代金を支払います。支払い後には領収書が発行されるので、必ず受け取り、保管してください。

注意点: ファミリーマートでは、バーコード払いは利用できません。番号払いのみが可能です。

ペイディを利用したコンビニでの支払いは、セブンイレブンではバーコード払い、ファミリーマートでは番号払いが基本となります。各店舗での支払い方法の違いに注意し、スムーズな取引を心がけましょう。また、ペイディアプリの利用は支払いをより簡単かつ迅速にするための重要なステップです。

まとめ:ペイディコンビニ払いの手数料は390円(税込)

  • 販売店での決済時: 手数料なし
  • 翌月一括払い時: 手数料発生
  • すぐ払い機能(コンビニ払い): 手数料発生
  • 手数料の詳細:
    • 口座振替: 無料
    • 銀行振込: 金融機関による
    • コンビニ払い(一括払いのみ): 390円(税込)
    • その他の詳細な手数料は、請求金額や支払い回数によって異なる

ペイディのコンビニ払いにおける手数料は、利用する支払い方法や請求金額によって異なります。特に、**コンビニでの一括払いの場合、手数料は390円(税込)**となっています。これは、ペイディの利便性と安全性を考慮した際、比較的リーズナブルな金額と言えるでしょう。また、口座振替を利用すれば手数料は無料となり、銀行振込の場合は金融機関によって手数料が異なります。利用者は自身の支払い状況や利便性を考慮して、最適な支払い方法を選択することが重要です。

よくある質問

ペイディは手数料はかからない?

【口座振替】

無料

【銀行振込】

金融機関により振込手数料が異なります 

【コンビニ払い 】一括払いのみの場合

390円(税込)

ペイディすぐ払いのコンビニ支払いの手数料は?

390円(税込)一括払いのみの場合

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次