>>【最短10分で現金振込み】クレジットカードを現金化する <<

ペイディはブラックでも使える?ペイディを滞納するとブラックリストに載るので注意

ペイディあと払いプランApple専用の再審査

ペイディはブラックでも使えますか?
ペイディを滞納するとブラックリストに載るの?
滞納何ヶ月でブラックリストになる?

こんな疑問にお答えします。

結論を先にチェック!
  • ペイディはブラックだと使えない!但し、一回払いなら使える
  • 2ヶ月以上支払いが遅れるとブラックリストに入る可能性もある
  • ブラックリストの確認方法は、信用情報機関(CIC)に開示請求
  • ブラックリストの解除は、滞納解消後の5年後
目次

ペイディはブラックだと使えない!?

ペイディは、現代のショッピング体験を便利にする決済サービスですが、信用情報が関わってくるため、利用者の信用状況によっては使用できない場合があります。特に、ブラックリストに登録されている場合、ペイディの利用に影響が出る可能性が高いです。

ペイディは信用情報機関(CIC)に照会する

ペイディは、利用者の信用情報を確認するために、信用情報機関(CIC)に照会します。これは、利用者が過去に金融関連のトラブルを抱えていないか、または現在抱えていないかを確認するためです。信用情報に問題があると、ペイディの利用が制限されることがあります。

ペイディ(1回払い)はブラックでも使える可能性あり

ペイディには、大きく分けて「1回払い」と「ペイディプラス(後払い)」の二つの支払い方法があります。これらは、利用者の信用状況によって使えるかどうかが異なります。

①:「ペイディ1回払い」はブラックでも使用可能

ペイディ1回払い」は、ブラックリストに登録されている場合でも使用できる可能性があります。これは、支払いが一度に完了するため、リスクが比較的低いと判断されるからです。ただし、これはあくまで可能性の話であり、個々の信用状況によっては利用できない場合もあります。

②:「ペイディプラス(後払い)」はブラックだと使えない

一方で、「ペイディプラス(後払い)」は、ブラックリストに登録されている場合、利用ができないことが一般的です。後払いは信用に基づくサービスであるため、信用情報に問題があると、ペイディ側がリスクを高く見積もることになります。

このように、ペイディの利用は信用情報に大きく左右されます。特にブラックリストに登録されている場合、利用できるサービスが限られることを理解しておくことが重要です。また、ペイディを利用する際は、自身の信用情報を適宜確認し、金融トラブルを未然に防ぐことが望ましいでしょう。

ペイディは滞納2ヵ月以上でブラックリストに登録される!

ペイディは、便利で手軽な決済サービスとして多くのユーザーに利用されています。しかし、支払いの遅延には注意が必要です。特に、滞納が2ヵ月以上続くと、ブラックリストに登録されるリスクがあります。

①:ペイディで支払いが遅れると信用情報機関(CIC)に登録される

ペイディでの支払いが遅れると、信用情報機関(CIC)に登録される可能性があります。 これは、信用情報機関が個人の信用情報を管理しているため、支払い遅延が信用記録に影響を与えることになります。

支払い遅延が発生すると、ペイディから信用情報機関に情報が提供され、その記録は一定期間残ります。これにより、他の金融サービスの利用に影響が出る可能性もあります。

②:滞納2ヵ月以上でブラックリストの登録を行う

滞納が2ヵ月以上続くと、ブラックリストに登録されることになります。

通常、信用情報機関(CIC)に「異動」と登録されることで、ブラックリストに載ったということになります。

「異動」になる基準は以下です。

異動
・返済日より61日以上または3ヵ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)
引用:「信用情報開示報告書」表示項目の説明

ブラックリストに登録されると、ペイディだけでなく、他の金融サービスの利用にも制限がかかることがあります。これは、信用情報が共有されるため、他の金融機関もこの情報を基に判断するからです。

ペイディの利用においては、支払いの遅延には十分注意し、滞納が2ヵ月以上にならないよう管理することが重要です。信用情報は長期にわたって影響を及ぼすため、責任を持って利用することが求められます。

ブラックリストの解除(復活)は滞納解消後5年間

ペイディの利用において、滞納が発生すると重大な影響があります。

特に、滞納が2ヶ月以上続くと、ブラックリストに登録されるリスクがあります。しかし、滞納を解消した後、ブラックリストからの解除は即座には行われません。

解除されるまでには、滞納解消後5年間の期間が必要です。この期間は、信用情報の回復にも関連しており、新たなクレジットサービスの利用に影響を及ぼす可能性があります。

ペイディでブラックリストに登録されたか確認する方法

もしペイディの利用においてブラックリストに登録されているかどうかを確認する必要がある場合、信用情報機関(CIC)に開示請求を行うことができます。

この開示請求を通じて、自身の信用情報に関する詳細な情報を得ることが可能です。これにより、自身の信用状態を正確に把握し、今後の金融活動に役立てることができます。

CIC公式サイトで信用情報を開示する

過去5年以内に任意整理(債務整理)をしている人は、金融事故として記録されている

また、過去5年以内に任意整理(債務整理)を行った場合、これは金融事故として記録されます。任意整理は、借金の返済が困難になった際に、債権者と交渉して返済条件を見直す手続きです。

このような金融事故の記録があると、新たなクレジットカードの申し込みやローンの利用に影響を及ぼす可能性が高くなります。したがって、任意整理を行う際には、その後の金融活動に与える影響を十分に考慮する必要があります。

まとめ:ペイディはブラックだと使えない!但し、一回払いなら使える

  • ペイディの利用: 信用情報に問題がある場合、通常の利用が難しい
  • 一回払いの可能性: ブラックリストに載っていても、一回払いは利用可能な場合がある
  • 信用情報の影響: 支払い遅延等でブラックリストに登録されると、他の金融サービス利用に影響
  • 解除までの期間: ブラックリストは滞納解消後5年間継続

ペイディの利用において、信用情報は非常に重要です。特に、支払い遅延などによりブラックリストに登録された場合、ペイディを含む多くの金融サービスの利用が困難になります。

しかし、一回払いのオプションについては、ブラックリストに載っている場合でも利用できる可能性があります。これは、一回払いが信用リスクを軽減するため、より柔軟な審査が行われることが理由です。

ただし、ブラックリストからの解除は、滞納が解消されてから5年間は続くため、長期的な信用情報の管理が重要です。金融サービスを利用する際は、常に支払いを遅延させないよう注意し、信用情報を守ることが肝心です。

よくある質問

ブラックリストに載ったらペイディは使えなくなりますか?

ブラックリストに登録されると、ペイディの利用が制限されることがあります。特に、ペイディプラス(後払いサービス)の利用は難しくなります。ただし、「ペイディ1回払い」はブラックリストに登録されていても利用可能な場合があります。これは、1回払いの場合、信用リスクが低いと判断されるためです。

ペイディの審査に通らない理由は何ですか?

ペイディの審査に通らない主な理由は、過去の金融事故や信用情報に問題がある場合です。これには、過去の支払い遅延や債務整理、ブラックリストへの登録などが含まれます。また、収入状況や職業、年齢などの個人情報も審査に影響を与える要因となります。

ペイディーの利用停止となる理由は?

ペイディの利用停止となる理由には、支払いの遅延や滞納が主です。特に、2ヶ月以上の滞納があると、ブラックリストに登録されることがあり、それにより利用停止となることがあります。また、虚偽の申告や不正利用が発覚した場合も、利用停止の対象となります。

ペイディは都度審査されますか?

ペイディでは、利用の都度、審査が行われます。これは、利用者の信用状況が変化する可能性があるためで、安全な取引を保証するための措置です。したがって、過去に問題がなくても、現在の信用情報によっては利用が制限されることがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次